読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アブセンス?

様々な音楽から映画、アート、ファッションなど気になった事を書きたいように書くブログ

「カート・コバーン死の疑惑」 ソークト・イン・ブリーチ

こんばんはアブっす

 

ちょっと気になったドキュメンタリードラマを見つけたので

そのことについて今日は書きたいと思っています

以前の記事でも書いた敬愛しているカート・コバーンの自殺の

真相を探るドキュメンタリードラマです

dulbywork.hatenablog.com

ちょっと詳細を

 

「ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン死の疑惑~」

 

監督 ベンジャミン・スタットラー

 

12月12日(土)より

新宿武蔵野館ヒューマントラストシネマ渋谷ほか

全国順次公開 

 

f:id:dulbywork:20151210132912j:plain

 

 

ソークト・イン・ブリーチ」 

カート・コバーン死の疑惑~

 

そして気になる内容なんですが

カート・コバーンのショットガンによる

自殺の真相について、カート・コバーンの妻であるコートニー・ラブ

の私立探偵トム・グラントが約20年に亘り独自の調査をしていた

コートニー側の妨害にも遭いながら、幾つもの決定的な証明を展開

するまでに至った

グラントの仮説に基づき、あまりにも不可解すぎるカートの自殺事件

から、捜査資料、事件関係者へのインタビュー、証拠音声、再現ドラマから

細やかな証明によってカートの他殺説を決定付ける

 

 

www.youtube.com

 

という事は妻のコートニーによる他殺って事だよね?

マジか!!これってコートニーから訴えられないんですかね?

もしそうだとしても日本で言ったら20年で時効だよ。まアメリカ

は時効がないからな~しかしなんで今頃?

それとあの遺書についても疑惑を取り上げています

 

www.youtube.com

 

どうやら最後の文章がねつ造じゃないか?

って事らしいのですが、どうなんですかね~

 

 

「伝説化するミュージシャン」

 

ジム・モリソンの死なんかもそうなんですが、この世の中に

解かなくていい謎ってあると思うんですよ 

確かにファンとしてはカートが死んだことはとても悲しい

事実だが、ジミヘンもカート、ジャニスも死んだ事で伝説に

なった事も事実だと思う

 

勿論、ローリングストーンズやレッチリなどなどみたいに

いまだに、ロックの先頭に立ち突き進んでいるミュージシャン

もいることは確かだが、やはりスポーツ選手と同じでどんな

ミュージシャンもバンドも全盛期があると思っていて

この全盛期に死ぬことによって伝説化する確率は確実に上がる

と思っている。望んでは無いにしろ結果的にそうなってしまった

ケースが殆どだろう

 

 

「死の真相」

 

だからファンの自分としては「カート」の記憶や想いなんかが

ありファンそれぞれの「カート像」があるから今更、真実なんかに

興味が無いし掘り起こしても欲しくないのが本音ですね!!!  

だってヘ〇インを常用していた時点で、何があってもおかしくないし

死への恐怖があったのかも定かじゃないと思うんですよ

死を宣告する悪魔が、オーバードーズを選ぶのか?自殺を選ぶのか?

病気を選ぶのか?愛する人に殺されるのか?それは分からない事です

短かったけど、「カート」は燃え尽きてこの世から居なくなったと

思いたいんです

 

結論ですが自分はこの映画を観ません!!www

 

こんだけ書いといて観ねえのかよ?って言われそうですが

仕方ないです。

この映画は観ませんっていう記事なんだから・・・

 

 

All Apologies

 

 最後に自分が一番好きなMTVのアンプラグドを聴いてくださいな

ドラムの「デイヴ」が終始心配そうに「カート」を気遣うように

見ている様に感じます

このアンプラグドは今にも消えてしまいそうな「カート」が

とても切ないです!!

www.youtube.com

 因みにこの曲は「カート」の遺書とも言われている曲です

 

 

自分にはこの頃の「カート」で止まっていて40代や50代の

「カート」なんて想像できなって話!!

 

 

ではでは

 

 

※残り少ないですが、まだまだ「今年出会った最高の1曲お待ちしております。

ブックマークなどでコメント頂けたらとても励みになります。

宜しくお願いします!!!!

dulbywork.hatenablog.com

広告を非表示にする